中の人

クロスイットブログの中の人

自己紹介

今さらですけど、、

クロスイットブログの中の人
ぺけぺけアングラー りゅーとは何者?
という事で自己紹介してみようと思います!

釣りをするキッカケ

釣りをするキッカケは父で、そんな父が釣りバカでした。青森県出身で海も川も渓流もなんでも手を出して、釣りをする親でした。
教えてもらったことはありません。
子供にやらせるより自分でやるのが一番だった人なので、最初は網でテナガエビを取ったり、カニを取ったり、そんな中でブラックバスの稚魚を取った事がキッカケでブラックバスが好きになりました(*´︶`*)╯
小学1年生のころブラックバスは釣りの対象ではなかったです。まだ釣りは危ないということでハゼ釣りしかさせてもらえませんでした。物心ついた頃には釣竿には触れていたと思います。父の小さな軽自動車で夜釣りに出掛けて、コンビニでお菓子を買ってもらうために無理やりくっ付いて釣りに行ってました。ようやく海釣りをさせてもらった時にホームセンターで激安で売ってたグラブみたいなワームでクロソイを釣ったのがボクの釣り熱が熱を帯びた瞬間でした。このあとに父が鯉釣りをする横でブラックバスを始めたのがボクのバスフィッシングの始まりです。

バス釣りは年数回

ルアーフィッシングを始めた頃、父はルアーに疎く使い方を知らないということで土曜日の夕方に釣り番組を見せて「自分で覚えろ」という感じで徐々に理解を深めていきました。ただ欲しいものがあっても買えないという理由でワームの釣りばかりしていました。なぜワームの釣りかというと当時は河川の整備がされてなく住んでいるところの近くの川でブラックバスが釣れて釣りをしていました。いつもまずワームが落ちてるところを探してから釣りをする少年でした。大人が捨てていたものだったのか?その名前も知らないワームを拾ってセイゴ針で父の結び方を真似てオリジナルの結び方で釣りをしていました。結果としては釣りをしている形跡が魚に結びつけていました。
迷路みたいな水路の川で金網伝いにサイトフィッシングもしていました。周りの友達はザリガニ釣りをしてるところで、1人だけバス釣りでサイトフィッシング。空気の読めない子供でしたね。

中学生のぺけぺけ

中学生になるとバス釣りをしている子が現れて、ハードルアーをもらって初めてハードルアーを使い始めました。スピニングのベールをかえさないで投げてしまい目の前にドボン!
ルアーをくれた友達にむかって苦笑いしながらロッドを立てるとなんとバスが…
初めてハードルアーの1投目で25cmくらいの初バスをゲットしてしまった笑える思い出です。部活を熱心にやっていた事もあり年に10回行けばいい方でした。そんなバスフィッシングライフでしたが、社会人になって激変しました。

市原へ引越し

一人暮らしで市原市に住むことに
社会人になって市原市惣社へ引っ越し。海が近いこともありシーバスを始める事に。
市原市・釣りで調べると高滝ダムでブラックバスが釣れるということで、シーバスを夜やって昼にブラックバスという釣り三昧の日々がスタートしました。高滝ダムまで車で20分ほどだったので、毎日のように通っていました。当時Rod and Reelの付録についていたDVDで『俺達、秦拓馬プロ』にドップリとハマってしまいドンドンと沼に引きづり込まれました。今現在アングリングバスで復活した企画がボクのバスフィッシング熱に着火した企画。
釣り雑誌「Angling BASS」さん→コチラ
俺達NOプラン

今現在

バスフィッシング熱は今も昔と変わらずです。当時の釣り仲間は誰一人として残っていませんが、Twitterが新たな出会いを作ってくれてます。大会にも出るようになりました。大した実力もないですがブログも書くようになりました。毎年なにか変化をもたらしてます。バスフィッシングは人生そのもののような気がします。
クロスイットは「それをこえる」や「まじわる」などの意味を込めてます。現状維持ではない釣りの人生になるように。新たな出会いの場になるように。ブログ頑張りたいと思います。自己紹介ついでの決意表明でした。