未分類

その運転やばいですよ…釣行時の運転で気をつけたいこと

先日某コンビニエンスストアの7とLとFでそれぞれツナマヨを買いまして、釣りの帰りにクルマでどこのツナマヨか分からないように食べて味利きをして帰りの道中を過ごしたのですが…1番マズイ一生手に取らないと豪語していたLのツナマヨが1番美味しいと言いまして、お米が固くて海苔だけ美味しいと予想した7のツナマヨがFのツナマヨで大外し。結果何もわからずで全て上手いと言い放ち全てを外すというバカ舌を発揮して大笑いされたクロスイットブログの管理人ぺけぺけアングラーりゅーです。
そんなクルマの運転ですが、クルマの免許を取得してから18年ほど、毎日通勤と仕事で使用しています。毎日仕事での運転を含めると100キロ以上走らせる釣り人目線からの運転の気付きなどをまとめてみました!

バス釣りをやる多くの方は車での移動していると思います。おかっぱりの機動力だったり、レンタルボートのセット一式を乗せて夜中に移動や、釣具屋巡りの運転など様々な形でクルマを使っていますよね。ここで私たち釣り人が犯してしまう過ちや予防策などについて述べていきます!

ここに挙げた事以外でも注意をして楽しい釣行にして欲しいと願っています。

釣りで大切な情報を得るためにやってしまいそうな携帯電話やスマホの所持操作。ながら運転が2019年に厳罰化されました。遠征やいつも行く釣り場でも1時間以上の運転もあると思いますが、ここは自分の身を守る意味でも握るのはハンドルとシフトレバー位にしましょう。(カーナビ操作も×)
ながら運転で事故を起こせば、それまで違反のないドライバーでも、免許停止30日間。さらに反則金ではなく、30万円以下の罰金が科せられる可能性があります。また、違反が重大・悪質であれば、1年以下の懲役となることもあり、前科がつくことになる。ながら運転はそれほどに重大な違反になるんです。反則金や罰金でロッドリールセットが何セットも買えちゃいますよー!

速度超過

速度超過もかなりの方に該当してるハズです。釣り人の朝は早いので、まだ暗いうちに走らせている事でアクセルを踏む事にも繋がってるハズ…
朝まずめ駐車場所の確保に急いでいたりタックル準備など釣り人の朝は何かと慌ただしい。朝だけに限らず帰りの時間も疲れた身体を早く休ませたいと一刻も早く自宅に帰りたいという心理が働きますよね。
オカッパリでの移動でも離れた場所へは車移動ですよね。
一般道路で反則点数6点に該当するのは30km/h超過の場合です。一般道路は道幅が狭く、速度が出しづらい環境ではあるものの、速度制限道路標識によって細かく速度指示がなされているため標識の見落としによって速度超過を起こしやすい傾向にあるそうです。
私の通う亀山ダムへの道は40kmから50kmの区間が殆どですが、40km道路に100km近い速度を落とさないで走っていったクルマを見たり見てなかったりとか…
スピード違反の反則金は、反則点数と同じように超過速度によって引き上げられます。
どんなに急いでても免許に傷もしくは取消しになるならゆっくり確実に向かいましょう。帰り道もしかり…

クルマから脱線して

クルマだけに限定して話しましたが、バイクや原動機付自転車いわゆる原付にのるオカッパリアングラーの方もいると思います。これから免許を取得する16歳以上の方もぜひ覚えて欲しいですが、原付免許は簡単に取得出来る免許でありながらルールが(クソがつくほどめんどくさい)難しい乗り物であることを知って貰いたいです。原付に限っては最高速度が30キロとなっているので、簡単に違反をしてしまう乗り物なのです。クロスイットブログの管理人も2021年の初めに原付のスーパーカブを釣り専用機として購入しましたが、まさに釣りのためだけに土手をノロノロとサイトフィッシングしながら走るスーパーカブ。
「水曜どうでしょう」という番組の企画で『72時間!東日本縦断ラリー』が好きで遠くへ釣竿をぶら下げて走り出そうなんて考えてましたが、一般道での長距離運転は全くといって良いほど向いてないことに気付きまして早々に諦めました。72時間も運転したらイボ時に切れ痔で孫にジジって呼ばれる前に痔痔ってあだ名つきますよ…
捕まるリスクのが高いことを含めると近場で乗る事が最善策ですし、遠くに行くならクルマで色々と持って行きたいですからね(゚ω゚)

飲酒運転酒気帯び運転

バイクの話で脱線しましたが、クロスイット調べクルマの違反で気をつけたい第一位発表です。飲酒運転です。朝の早いうちに出発は前日のお酒が抜け切れる前に出発となることもあります。釣り好きの人で酒豪の方が多いと感じるので、もし深酒してしまったら出発を遅らせるという勇気ある決断も必要ですよ。呼気1リットルあたりのアルコールが0.15mg以上で最低90日間の免許停止処分ですから、運転出来ない間にスポーニングがおわりアフターにかわってしまって季節の流れを感じずに一年が過ぎてしまいますよ。お酒で得られる快感は一瞬ですが、バスフィッシングで得た快感は一生語れますよ!また3年以下の懲役又は50万円以下の罰金も課せられます。良いことは何一つないので、せっかくの釣行が台無しにならないようにしたいですね。
ここで書いた以外にも注意すべきところは多くあります。ぜひTwitterのほうでコメント頂けると嬉しいです!